金融資産設計の基礎

金融商品の性格

①換金性(換金のしやすさ)

②安全性(リスクの程度)

③収益性(元手をどれだけ増やせるか)

この3点を考慮して金融商品を選択する必要があります。

資金の分類

①流動性資金:いつでも自由に使えるお金

②確実性資金:資金の使途が決まっているもので、元本に影響を与えず安全確実に運用したいお金

③利殖性資金:すぐには使う予定のない余裕資金

資金の運用方法

①流動性資金は換金性の高い商品で運用すると良い

②確実性資金は安全性の高い商品で運用すると良い

③利殖性資金は収益性の高い商品で運用すると良い

リスクについて

リスクとして以下の項目が考えられる。金融資産にリスクはつきものだが、分散投資等でリスク低減が求められる

①信用リスク:資産を預けている金融機関、債券や株式等の発行体自体や契約している保険会社等の信用低下や倒産

②価格変動リスク

③金利変動リスク

④流動性リスク:資金が必要な時に換金できない場合等

⑤インフレリスク

⑥為替リスク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする